Bリーグ開幕シーズンが終了しました。

チャンピオンシップの只中ではありますが、今シーズンの総括として
チームスタッツのランキングを基本スタッツとアドバンスドスタッツ を交えて簡単な説明と共にご紹介したいと思います。

※スタッツの計算式は BasketBallReference 参照

赤文字のチームはリーグ上位8位以内
黒文字のチームはリーグ中位9〜12位
青文字のチームはリーグ下位13〜18位

 

平均失点(pts)
1試合における平均失点

1位栃木         69.83 pts
2位渋谷         73.25 pts
3位千葉         73.55 pts
4位東京         73.57 pts
5位秋田         74.47 pts
6位三河         74.58 pts
7位川崎         75.12 pts
8位三遠         75.85 pts
9位大阪         76.50 pts
10位名古屋 76.62 pts
11位琉球      76.83 pts
12位京都      77.05 pts
13位北海道 78.05 pts
14位横浜  78.97 pts
15位滋賀      79.00 pts
16位仙台      80.88 pts
17位新潟      81.07 pts
18位富山      83.70 pts

平均 76.60

平均スティール数(本)
1試合平均スティール数

1位渋谷      7.83 本
2位千葉      7.41 本
3位栃木      7.08 本
4位京都      7.06 本
5位北海道 7.03 本
6位富山      6.93 本
7位大阪      6.61 本
8位名古屋 6.58 本
9位東京      6.55 本
10位秋田   6.25 本
11位琉球   6.21 本
12位新潟   6.05 本
13位川崎   5.8 本
14位仙台   5.53 本
15位滋賀   5.51 本
16位横浜   5.31 本
17位三河   4.88 本
18位三遠   4.73 本

平均 6.30 本

DR(ディフェンスリバウンド)獲得率

全ディフェンスリバウンドシチュエーションにおけるリバウンド獲得割合。フリースローのシチュエーションがあるため、対戦相手のシュート本数ではなく、対戦相手のオフェンスリバウンド本数と味方のオフェンスリバウンド本数より算出

1位栃木         73.95%
2位名古屋    73.95%
3位川崎         73.49%
4位三河         72.73%
5位三遠         72.44%
6位渋谷         72.20%
7位横浜         70.66%
8位東京         70.11%
9位秋田         70.01%
10位大阪      70.01%
11位新潟      69.809%
12位千葉      68.67%
13位琉球      68.67%
14位富山      68.50%
15位北海道 67.72%
16位滋賀      67.72%
17位仙台      67.09%
18位京都      67.09%

平均 70.27%

DRtg(pts)

DeffensiveRating
100ポゼッション当たりの失点数 。簡単に言ってしまうと、100回攻撃されたら何点失うかを表します。
1ポゼッションは、味方のオフェンスが終了し、対戦相手ボールになってからのディフェンスのことを意味し、オフェンスリバウンドを獲得された場合も追加の1ポゼッションとして換算します。オフェンスはターンオーバーで終わる場こともあるため、ターンオーバーを誘発させ、シュート確率を落としているチームは数値が低くなる傾向があります。
100ポゼッションを基準にすることにより、平均失点数よりも実際のディフェンス力を反映した数値と言えます。

1位栃木        85.34 pts
2位東京        87.26 pts
3位琉球        87.72 pts
4位千葉        88.01 pts
5位渋谷        89.08 pts
6位三遠        89.56 pts
7位名古屋   89.75 pts
8位川崎         90.16 pts
9位大阪         90.33 pts
10位三河      90.44 pts
11位秋田      90.68 pts
12位横浜      92.07 pts
13位滋賀      92.22 pts
14位京都      92.27 pts
15位北海道 92.58 pts
16位仙台      92.84 pts
17位新潟      95.10 pts
18位富山      96.58 pts

平均 90.67

OPPeFG%

対戦相手チームの平均実質シュート成功数
efg%についてはオフェンス編を参照
オリジナル数値。対戦相手のシュートの成功率を落としているチーム

1位栃木         47.12%
2位琉球         47.64%
3位東京         47.95%
4位千葉         48.44%
5位秋田         48.52%
6位三河         48.72%
7位仙台         48.75%
8位大阪         49.13%
9位三遠         49.25%
10位滋賀      49.36%
11位川崎      49.44%
12位名古屋 49.55%
13位渋谷      50.07%
14位北海道 50.41%
15位京都      50.47%
16位新潟      51.52%
17位富山      52.03%
18位横浜      52.73%

平均 46.86%

 OPPFT獲得率

対戦相手チームが放ったシュートのうち、何本がフリースローであったのかを表す割合。

フリースローを打たせてしまった割合が高いと、対戦相手の得点効率が高いため不利になる

1位川崎        21.20%
2位東京        21.74%
3位三河        22.33%
4位横浜        23.07%
5位千葉        23.51%
6位渋谷        23.61%
7位名古屋   24.20%
8位新潟         24.41%
9位栃木         24.73%
10位滋賀      25.04%
11位大阪      25.34%
12位三遠      25.64%
13位琉球      25.84%
14位秋田      28.57%
15位仙台      28.81%
16位富山      29.87%
17位京都      31.29%
18位北海道 31.35%

平均 25.59%

OPPTOV%

対戦相手のポゼッションに対して、ターンオーバーを誘発させた割合

1位秋田        16.27%
2位北海道  15.86%
3位渋谷        15.66%
4位琉球        14.79%
5位大阪        14.74%
6位仙台        14.72%
7位京都        14.69%
8位滋賀        14.32%
9位富山        14.09%
10位三遠      13.90%
11位千葉      13.81%
12位川崎      13.52%
13位新潟      13.35%
14位三河      12.82%
15位名古屋 12.79%
16位横浜      12.62%
17位栃木      11.41%
18位東京      10.48%

平均 13.88%

 

【まとめ】

ディフェンススタッツについては、やはり栃木ブレックスが一つ抜けている印象です。

栃木の数字の中で面白いのは、相手にターンオーバーをさせるディフェンスを行っていないという点でしょうか。ドライブに対するケアと、ローテーションとコンテストを特に重視しタフショットを打たせるディフェンス戦略であることがわかります。

もう1チームディフェンススタッツにおいて特徴を出しているチームとして、琉球ゴールデンキングスを挙げたいと思います。

スピーディーで展開の早いバスケットを好むチーム戦術も相まって失点が多いため、ディフェンシブチームの印象は受けにくいチームですが、実はポゼッション毎の失点が少なく同一回数の攻撃権が与えられた場合相対的に他のチームよりも失点を抑えることができます。

ディフェンスは数値化が難しく、基本的にはDRtg 、DR獲得率、OPPeFG%の3つの数字を指標にすると確かなディフェンス力が測れると思います

 

One Reply to “【数字で観るBリーグ】Bリーグスタッツランキング16-17シーズン ディフェンス編”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です