2017 年5月20~21日にかけてセミファイナル 栃木ブレックスVSシーホース三河の試合が行われました。

結果としては、第3ゲームまでもつれながらも栃木ブレックスが勝利しました。

シリーズを通じて、どのスタッツが勝利に結びついたのか比較していきたいと思います。

※スタッツの計算式は BasketBallReference 参照

VS

【第1ゲーム各チームスタッツ】

3FG成功数 栃木:7  三河:3

3FG試投数 栃木:17  三河:12

3FG% 栃木:41.20%  三河:25.00%

2FG成功数 栃木:29  三河:25

2FG試投数 栃木:46  三河:50

2FG% 栃木:63.00%  三河:50.00%

FT成功数 栃木:4  三河:9

FTA 栃木:5  三河:10

FT% 栃木:80.00%  三河:90.00%

OR数 栃木:9  三河:6

DR数 栃木:28  三河:19

TR数 栃木:37  三河:25

TO数 栃木:11  三河:7

AS数 栃木:27  三河:11

STL数 栃木:5  三河:6

EFF 栃木:115  三河:69

FG% 栃木:57.14%  三河:45.16%

FT獲得率 栃木:7.94%   三河:16.13%

OR% 栃木:32.14%   三河:17.65%

DR% 栃木:82.35%  三河:67.86%

シュートミス数 栃木:28  三河:35

OFFRTG 栃木:108.99  三河:92.769

DFFRTG 栃木:92.769  三河:108.995

NETRTG 栃木:16.225  三河:-16.225

TOVRtg 栃木:14.44  三河:9.549

eFG% 栃木:62.70%   三河:47.58%

TS% 栃木:63.70%  三河:51.28%

PACE 栃木:67.15  三河:67.3

AST% 栃木:70.77%  三河:34.06%

TOV% 栃木:14.44%  三河:9.54%

POSESSION 栃木:76.15  三河:73.3

 

【第2ゲーム各チームスタッツ】

3FG成功数 栃木:3  三河:4

3FG試投数 栃木:17  三河:12

3FG% 栃木:17.60%  三河:33.30%

2FG成功数 栃木:22  三河:23

2FG試投数 栃木:47  三河:54

2FG% 栃木:46.80%  三河:42.60%

FT成功数 栃木:10  三河:7

FTA 栃木:12  三河:9

FT% 栃木:83.30%  三河:77.80%

OR数 栃木:9  三河:11

DR数 栃木:26  三河:31

TR数 栃木:35  三河:42

TO数 栃木:6  三河:7

AS数 栃木:14  三河:12

STL数 栃木:5  三河:4

EFF 栃木:75  三河:77

FG% 栃木:39.06%  三河:40.91%

FT獲得率 栃木:18.75%   三河:13.64%

OR% 栃木:22.50%   三河:29.73%

DR% 栃木:70.27%  三河:77.50%

シュートミス数 栃木:41  三河:41

OFFRTG 栃木:83.821  三河:84.558

DFFRTG 栃木:84.558  三河:83.821

NETRTG 栃木:-0.737  三河:0.737

TOVRtg 栃木:7.982  三河:9.106

eFG% 栃木:41.41%   三河:43.94%

TS% 栃木:45.55%  三河:46.51%

PACE 栃木:66.16  三河:65.87

AST% 栃木:46.42%  三河:38.87%

TOV% 栃木:7.97%  三河:9.10%

POSESSION 栃木:75.16  三河:76.87

 

【第3ゲーム各チームスタッツ】

3FG成功数 栃木:1  三河:0

3FG試投数 栃木:4  三河:1

3FG% 栃木:25.00%  三河:0%

2FG成功数 栃木:5  三河:6

2FG試投数 栃木:15  三河:17

2FG% 栃木:33.30%  三河:35.30%

FT成功数 栃木:1  三河:0

FTA 栃木:2  三河:0

FT% 栃木:50.00%  三河:0.00%

OR数 栃木:5  三河:5

DR数 栃木:7  三河:8

TR数 栃木:12  三河:13

TO数 栃木:1  三河:2

AS数 栃木:4  三河:3

STL数 栃木:1  三河:0

EFF 栃木:18  三河:15

FG% 栃木:31.58%  三河:33.33%

FT獲得率 栃木:10.53%   三河:0.00%

OR% 栃木:38.46%   三河:41.67%

DR% 栃木:58.33%  三河:61.54%

シュートミス数 栃木:14   三河:12

OFFRTG 栃木:67.114  三河:60.00

DFFRTG 栃木:60 三河:67.11

NETRTG 栃木:7.114  三河:-7.114

TOVRtg 栃木:4.793  三河:10

eFG% 栃木:34.21%   三河:33.33%

TS% 栃木:35.25%  三河:33.33%

PACE 栃木:15.86   三河:15

AST% 栃木:58.31%  三河:50.0%

TOV% 栃木:4.79%  三河:10.00%

POSESSION 栃木:20.86 三河:20

【勝負の鍵を握ったスタッツ】

このシリーズを通して両チームのスタッツを比較すると互いの戦略とそれがどう奏功したかが垣間見れる非常に面白い結果になりました。

シリーズで注目すべきスタッツはずばり3ptFG%とAST%です。

三河はリーグNo1の39.22%を誇る3ptが完全に鳴りを潜め1試合目は25%に止まってしまいました。栃木が如何に三河の3ptを警戒しそれにシフトした作戦を展開したかがわかります。

続いてはAST%(シュート成功に対するアシストの割合)ですが、3割台の三河に対し栃木は70%、46%、58%と驚異の数値をたたき出しています。チームオフェンス(2ドリブル&パス)を得意とする栃木の完成度、そしてリバウンドからのトランジションオフェンスの多さも相まってよりイージーな形でのシュートセレクションを可能にしていたことがわかります。

栃木は一貫して3ptシュートを警戒。スクリーンプレーに対してもオールスイッチディフェンスで対応。インサイドにボールが入っても安易にダブルチームへは行かずインサイドでの失点はある程度許容する構え。オフェンスはスローペースを得意とする三河の土俵にならないようトランジション重視のオフェンスを徹底していました。

対する三河は、1ゲーム目の対3ptシフトを逆手にとってインサイドのポゼッションを増やし、ディフェンスリバウンドを前日よりも12本も上乗せ(DR%1割上昇)栃木の3pt不調もあり一時19点のリードを奪い2ゲーム目を勝利しました。

3ゲーム目は両軍死力を尽くした守り合いになり、スタッツもほぼ互角。最後の5秒ロシター選手のためのセットオフェンス、最後のアシストを防ぎきれずに勝敗を決しました。

 

 

 

こちらの記事も読まれています(自前)

16-17シーズンオフェンススタッツランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です