Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、天皇杯優勝を果たしたサプライズチームサンロッカーズ渋谷です

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

※マカドゥ選手のスタッツはトルコリーグおよびセルビアリーグ から取得。

3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値 USG%
関野剛平 35.9% 42.9% 72.7% 50.60% 52.37% 0.980 5.20%
ベンドラメ礼生 32.6% 41.4% 66.7% 44.46% 46.72% 0.791 14.91%
チャールズ・ジャクソン 64.2% 57.9% 64.22% 64.46% 1.105 11.99%
ジェームズ・マイケル・マカドゥ 0% 70% 54% 68.75% 67.81% 1.356
渡辺竜之佑 24% 57.5% 43.3% 52.04% 51.71% 0.814 3.91%
野口大介 25% 50.9% 69% 43.50% 46.77% 0.805 4.37%
広瀬健太 34.1% 27.8% 52.9% 40.63% 42.30% 0.736 2.78%
石井講祐 46.3% 46.7% 85% 62.14% 64.18% 1.099 4.82%
山内盛久 40.8% 40% 68.8% 47.91% 49.98% 0.865 6.57%
ライアン・ケリー 36.9% 52.8% 82.3% 53.93% 58.33% 1.090 16.54%
盛實海翔 33.3% 38.9% 53.8% 45.70% 47.40% 0.771 3.56%
田渡修人 36.1% 42.6% 76.9% 49.07% 51.00% 0.867 3.71%
平均 31.36% 47.98% 65.28% 51.91% 53.59% 0.9400
合計 78.36%

・3pt%が極端に低く見えますが、0%選手を計算外とすると34%まで上昇します。
・USG78%は全員で攻撃を終わらせている証明になっています。

【超個人的注目選手】

石井講祐

PER 日本人3位の超効率プレイヤー。得点期待値もチームでは3番手(日本人トップ)
3pt46%(!!) eFG62%(!!!)を記録。アベレージ1.8AST  ,  1.2STLと他のスタッツも優秀。
シーズン60試合躍動する姿を見たい選手です。


野口大介

今季はSF起用も見えてくるベテランビッグマン。
特にディフェンス能力が高く、外国籍ビッグマンを1人で守る事ができる貴重な選手。
ベテランらしくファールの使い方も上手いです。
セットとして作られた3ptの決定率が高く、SF起用にも期待がかかります

ジェームズ・マイケル・マカドゥ

あのスーパーチームにドラフトから3季所属した(GSWでは)ロールプレイヤーです。 ルーキーイヤーは、ハイペースなオフェンスに苦戦した印象ですが,16-17季には51試合出場スターターも2回務めています。 昨季は欧州各リーグでeFG68%  得点期待値1.35というモンスタースタッツを残しています。
プレイスタイルは4OUTの状態からピック&ロールのスクリナーとなる事が多く、(3ptがほぼ無いので、敢えてロールと表記)広いペイントを使います。
スクリーンの立て方やロールのタイミングが上手く、2on1を作れるため高確率に決められています。そういった意味ではケリー選手との愛称は抜群でしょう。
GSWに所属した選手らしくトランジションも得意としています。

【新加入チームスタッフ

・大江田 孝幸 GM

東GMが三遠ネオフェニックスのGM就任の関係で、GM復帰。
マカドゥ選手獲得に関与しているかは不明ですが、
元NBAのサクレ選手、ケリー選手を獲得した手腕を存分に発揮してもらえる事でしょう。

・櫻井 真哉 アスレティックトレーナー

同じくハードなDFが特徴の秋田ノーザンハピネッツから契約締結。
怪我や疲労回復が急務となるチーム戦略だけに、
秋田からの加入は大きな意味を持っていると感じます。

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です