Bリーグ開幕から10節、シーズンのおよそ三分の一が終了しました。
今回は、自前で集計しているチームスタッツのランキングを基本スタッツとアドバンスドスタッツ を交えて簡単な説明と共にご紹介したいと思います。
応援しているチームの状況はリーグでどのくらいのポジションなのか、見てみるのも面白いと思います。
※アドバンススタッツの計算式は BasketBallReference 参照

 


ディフェンシブスタッツ編

平均失点(pts)
1試合における平均失点

富山 81.89
仙台 79.89
横浜 79.42
新潟 77.89
北海道 77.47
滋賀 76.11
三遠 75.32
京都 74.59
琉球 74.56
大阪 74.06
千葉 73.47
川崎 73.21
三河 72.33
名古屋 72.22
秋田 72.06
渋谷 71.84
東京 71.71
栃木 66.94

平均 74.72

平均スティール数(本)
1試合平均スティール数

新潟 7.95
渋谷 7.74
千葉 7.68
富山 7.63
栃木 7.59
大阪 7.58
北海道 7.00
東京 6.71
秋田 6.47
琉球 6.47
京都 6.32
名古屋 6.00
仙台 5.79
滋賀 5.79
川崎 5.68
三遠 5.00
横浜 4.95
三河 4.47
平均 6.490

DR(ディフェンスリバウンド)獲得率
全ディフェンスリバウンドシチュエーションにおけるリバウンド獲得割合。フリースローのシチュエーションがあるため、対戦相手のシュート本数ではなく、対戦相手のオフェンスリバウンド本数と味方のオフェンスリバウンド本数より算出
 

栃木 75.53%
名古屋 75.53%
三河 75.05%
三遠 74.08%
川崎 73.68%
横浜 72.42%
東京 71.68%
新潟 70.53%
渋谷 70.49%
富山 68.63%
秋田 68.37%
大阪 68.37%
千葉 68.15%
琉球 68.15%
仙台 66.32%
京都 66.32%
北海道 66.18%
滋賀 66.18%
平均 70.314%

DRtg(pts)
DeffensiveRating
100ポゼッション当たりの失点数 。簡単に言ってしまうと、100回攻撃されたら何点失うかを表します。
1ポゼッションは、味方のオフェンスが終了し、対戦相手ボールになってからのディフェンスのことを意味し、オフェンスリバウンドを獲得された場合も追加の1ポゼッションとして換算します。オフェンスはターンオーバーで終わる場こともあるため、ターンオーバーを誘発させ、シュート確率を落としているチームは数値が低くなる傾向があります。
100ポゼッションを基準にすることにより、平均失点数よりも実際のディフェンス力を反映した数値と言えます。

東京 84.54

栃木 84.86
秋田 86.36
名古屋 86.43
琉球 86.76
千葉 87.58
三遠< span style="white-space: pre;"> 88.23
渋谷 89.05
川崎 89.16
大阪 89.91
三河 90.40
京都 90.61
新潟 92.03
滋賀 92.36
北海道 92.49
仙台 94.20
横浜 95.47
富山 96.94
平均 89.85

対戦相手のeFG%

対戦相手の平均実質シュート成功数
efg%についてはオフェンス編を参照
オリジナル数値。対戦相手のシュートの成功率を落としているチーム

三遠 46.30%
秋田 46.31%
栃木 46.88%
琉球 47.20%
東京 47.42%
名古屋 48.18%
千葉 48.43%
三河 49.27%
滋賀 49.33%
川崎 49.38%
大阪 49.74%
京都 49.83%
渋谷 50.00%
仙台 50.41%
新潟 50.92%
横浜 51.54%
北海道 51.58%
富山 54.02%
平均 49.2623%

まとめ
今回はディフェンス編ですが、ディフェンスは数値にすることが難しくどうしても項目が少なくなってしまいます。簡単に読み取ることができるのは、例えば、
・川崎、三河は順位に反してディフェンス数値がよくない
・名古屋はシュートチェックが厳しい(STL少な目ながら、相手のシュートを落とさせている)
・秋田はとてもディフェンス能力がリーグトップクラス
…などでしょうか?
これ以外にも、オフェンスとディフェンスに分けにくかったスタッツもありますのでそれらはその他編としてアップする予定ですので是非そちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です