Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、Bリーグのダイナスティ 3連覇を狙うアルバルク東京を分析します

 

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)
※デジョントーマス選手のスタッツはギリシャリーグから抜粋

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値
デション・トーマス 41 57 79 73.31% 63.07% 1.138
小島元基 42.9 41.7 66.7 50.00% 51.67% 0.985
安藤誓哉 28.7 51.4 76.2 47.99% 51.09% 0.909
ケビン・ジョーンズ 36.4 58.1 75.6 57.31% 61.03% 1.117
ザック・バランスキー 27.5 40.4 88.2 41.03% 43.74% 0.79
須田侑太郎 44.3 50 72.5 61.11% 63.01% 1.104
菊地祥平 35.1 48.5 55.8 49.63% 51.33% 0.810
竹内譲次 33.3 47.2 82 48.55% 53.67% 0.955
平岩玄   0 50 0.00% 17.36% 0.347
田中大貴 39.4 51.6 88.7 54.49% 57.89% 1.002
津山尚大 25.7 40 71.4 39.17% 43.08% 0.801
カイル・バローン 24 50   46.62% 49.98% 0.855
アレックス・カーク 26.7 62.1 78.6 59.86% 64.89% 1.199
小酒部泰暉 0 52.9 61.5 40.91% 46.90% 0.875
平均 30.33 46.49 72.27 45.90% 50.43% 0.92

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【超個人的注目選手】

須田侑太郎

2ndユニットながら、得点期待値は日本人選手トップ。
アルバルク待望の3&D選手としてアルバルクに入団し期待通りの活躍を見せています。
ドライブ、3pt、リムランと何でもござれな万能選手。
さらにマンマークでは殆ど抜かれないDFが持ち味の選手でもあります

 

デジョン・トーマス
昨季在籍したギリシャでは、eFG73%,得点期待値は現チームNo1の1.3を記録。
卓越した得点能力を誇ります。スペースを広げるヨーロピアンなフォワードかと思いきや
ドライブやセンター顔負けのバックダウンからゴール下へ運ぶこともでき、アルバルクにぴったりな万能型SFです。

 

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です