スポンサーリンク

【数字で見るBリーグ】21-22開幕直前!島根スサノオマジックを分析してみた

スポンサーリンク
Bリーグ
スポンサーリンク
Bリーグ6シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指してスタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!

今回は、新加入発表会でのサプライズが記憶に新しい
島根スサノオマジックです!

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

スポンサーリンク

所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※ORB%・・・オフェンスリバウンドシチュエーションにおいて、獲得できた割合
※DRB%・・・ディフェンスリバウンドシチュエーションにおいて、獲得できた割合
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点。1を超える選手は貴重。
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

選手PPG3FG%FT%2FG%eFG%TS%ORB%DRB%USG%得点期待値
小阪 彰久0.80.0%33.3%41.9%36.0%36.3%0.8%1.8%1.8%0.51
阿部 諒5.629.7%68.5%47.4%46.1%48.3%1.8%4.9%9.0%0.806
北川 弘5.427.9%73.7%35.3%39.0%42.0%0.5%4.0%10.4%0.658
山下 泰弘3.834.5%70.8%43.4%47.1%48.9%0.9%4.0%5.1%0.839
白濱 僚祐433.3%66.7%52.9%51.9%53.3%1.4%3.2%4.4%0.908
後藤 翔平2.337.8%68.0%54.5%55.4%57.8%1.0%2.0%2.6%0.99
リード・トラビス16.926.3%73.1%55.2%52.0%55.7%6.6%9.3%15.0%1.028
ペリン・ビュフォード14.833.3%74.3%52.0%51.6%55.7%3.0%11.8%14.8%0.955
ウィリアムス ニカ11100.0%64.3%64.1%64.3%65.9%7.8%10.4%13.4%1.049
安藤 誓哉10.339.3%81.0%45.9%51.3%54.7%1.2%4.1%15.0%0.949
金丸 晃輔16.846.6%90.7%51.7%60.0%62.6%0.6%3.8%18.6%1.180
ニック・ケイ7.9428.4%83.7%55.0%51.5%55.1%1.00
総合99.6110.1%
平均36.4%70.7%49.9%50.5%53.0%2.3%5.4%10.0%0.90

3ptFG%は極端な小坂選手とニカ選手を除くと33.71%となります。
低く見えるニックケイ選手は、昨季が極端に低いだけで18−20季は40%の決定率を誇っているため本来のポテンシャルを取り戻せればチーム平均35%が見えてきます。
ロスターにそこまで変化が見えないため、USGは110%とタイムシェアもそこまで難しくはないでしょう。FT70%は季になるところですが、得点期待値は0.9となりますが昨季主力のPT減少が予想されるため実際には上昇するでしょう

超個人的注目選手

◼︎ウィリアムス・ニカ
昨季島根でブレイクを果たした帰化選手。FT決定率は低いものの、2点の決定率が強烈です。
特筆すべきは、オフェンスリバウンド能力で、50:50の状態であるオフェンスリバウンド獲得率が7.8%とリーグでもトップ10のオフェンスリバウンド力を誇っています。

◼︎ニック・ケイ
Perth Wildcatsのメンバーとして、18-19,19-20のNBLチャンピオン。
そしてオールNBLファーストチームに選抜された実力の持ち主。
昨季こそ低迷したものの18−19から3pt決定率を約40%)させており、
ストレッチ4としてスペーシングにも寄与できる選手です。
プレイスタイルはとにかくアスレチック。
NBLではストレッチ4としてトップやコーナーから3を量産。
ストレッチ4ということもあり、速攻の先頭を走ることも多い選手です。
ポストアップももちろん可能で右手のベビーフックが得意技。相手に正対するように空中で体を捻りながら打つ独特なフックを得意とします
2019年のワールドカップでは、オーソドックスなPF起用でショートコーナーやダンカースポットでしっかり仕事をこなしスペイン相手に16得点を挙げ4位入賞に貢献しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました