Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!

今回は、藤田HC体制2期目の琉球ゴールデンキングスを分析します。

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)
※新加入選手については、各国リーグからスタッツを参照しています。
※ウォッシュバーン選手の契約の特異性から、計算から外しております

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値
ドウェイン・エバンス 27 58 81 54.06% 60.10% 1.062
キム・ティリ 30 53 71 48.37% 49.94% 0.837
船生誠也 31.4 38.8 64.7 42.37% 44.23% 0.779
石崎巧 34.3 42.9 68.8 47.97% 49.15% 0.793
並里成 38.1 43 69.9 45.65% 48.98% 0.786
ナナーダニエル弾 66.7 0 66.67% 51.55% 1.031
岸本隆一 36.7 45.9 87.7 52.04% 55.49% 0.999
田代直希 28.4 53.5 76 47.93% 50.64% 0.913
今村佳太 33.5 41.4 67.1 45.76% 47.88% 0.822
満原優樹 23 44 69.2 38.51% 39.46% 0.726
小野寺祥太 22.2 48.1 63.2 42.22% 44.73% 0.797
ジャック・クーリー 8.3 54.5 76.7 53.55% 58.50% 1.066
牧隼利 26.5 33.3 87.5 36.18% 38.98% 0.677
平均 28.28333 47.9569 67.90769 47.79% 49.20% 0.868

 

【超個人的注目選手】

石崎巧

本サイトの常連選手。日本有数の6マンでありながら、昨季は24試合スターター出場した
ベテランで、3ptは常に33%を超えてくる恐ろしい選手です。
若手のメンターとして、そして2桁得点ポテンシャル選手として今季も期待しています。

ドウェイン・エバンス

大学時代は、強豪ひしめくA-10カンファレンスにおいてオールルーキーチームに選抜されたスモールフォワード。NBAからのドラフトこそなかったものの、ドイツに5年 イタリアに1年と欧州リーグやユーロカップに参戦した経歴を持ちます。
主にポストアップやPnRのロールマンとしてペイントエリアを主戦場にしています。
クーリー選手との同時出場機会は少ないかもしれません

キム・ティリ
ユタ大学卒の32歳。
NBAサマーリーグ参加経験も持ち、強豪スペインリーグやギリシャの名門オリンピアコスで活躍。2014年FIBAW杯においてフランス代表として銅メダルを獲得した輝かしいキャリアの持ち主です。
プレイスタイルはストレッチ4そのもので、コーナー3やピック&ポップを役割としているため、クーリー選手との愛称は抜群。昨季のブルックス選手と同様の活躍が期待できます。
因みに、ユタ大学在学中はウォッシュバーン選手と同じチームで活躍しました

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です