Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!

今回は圧倒的なディフェンスでB2中地区を制した信州ブレイブウォーリアーズです。

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値
山本エドワード 35.6 40.2 72.9 45.59% 47.88% 0.822
井上裕介 32.7 48.8 52 48.88% 49.47% 0.908
西山達哉 36.5 54.6 72.2 54.88% 56.72% 0.952
栗原ルイス 37.1 47.6 76.9 53.04% 56.77% 1.002
佐藤託矢 26.3 51.8 56.4 48.67% 53.51% 0.816
大崎裕太 34.2 53.2 66.7 50.71% 53.41% 0.930
増子匠 32.7 38.3 70.7 43.25% 45.99% 0.773
ジェミン・ヤン 34 53 80 52.90% 57.48% 0.970
三ツ井利也 36.2 54.2 75 54.25% 56.86% 1.021
小野龍猛 28.8 22.7 85.7 33.85% 37.69% 0.674
ウェイン・マーシャル 30.9 63.3 76.7 59.20% 64.03% 1.159
ジョシュ・ホーキンソン 38.7 61.2 87.3 60.49% 65.78% 1.316
アンソニー・マクヘンリー 37.1 54.3 66.7 54.82% 56.82% 0.992
平均 33.9 49.5 72.2 50.81% 54.03% 0.95

得点期待値1.3の怪物ウェインマーシャル選手を獲得し、攻撃に厚みをもたせました

【超個人的注目選手】

三ツ井利也

地元出身生え抜きの若手フォワード。
年を経るごとに成長し数字を上げている秘蔵っ子。
外国籍ルールの性質上3番の選手にDF面での負担が大きくなる中で、
ディフェンダーとして活躍。天皇杯において、比江島選手の
マークを一手に引き受けた宇都宮戦は特に印象深いです。

ヤン・ジェミン

アメリカ・カンザス州のネオショカレッジに在籍した昨季は全33試合スターター出場を果たし、11pts、2AST,6rebをアベレージしています。アンダー世代においてもU-17,U-19ワールドカップに出場しています。
ステップワークに優れフィニッシュ力が高く、30点ゲームも経験しています。特にロールターンからのフィニッシュは態勢やオンファールに関係なく得点可能です

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です