Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、(NBL除)無冠の帝王、川崎ブレイブサンダースを分析します

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値
藤井祐眞 35.9 53.8 86 53.82% 61.74% 1.06
青木保憲 21.1 63.2 66.7 52.63% 54.13% 0.83
篠山竜青 32.6 54.9 74.5 53.41% 56.69% 0.90
増田啓介 25 44.8 63.2 43.24% 48.50% 0.86
辻直人 32.2 36 77.3 45.15% 48.99%  
マティアス・カルファニ 48.1 62.2 63.8 65.79% 66.90% 1.08
ニック・ファジーカス 41.9 54.4 83.1 56.37% 60.78% 1.07
大塚裕土 35.6 55.2 70.8 53.65% 55.15% 0.97
熊谷尚也 31.8 47.2 74.5 47.38% 50.72% 0.91
長谷川技 28.1 30 100 37.93% 40.16% 0.63
パブロ・アギラール 0 45.5 50 35.71% 38.07% 0.72
ジョーダン・ヒース 47.1 71.8 56.6 70.88% 70.64% 1.32
             
平均 32 51 72 51% 54% 0.94

【超個人的注目選手】

藤井祐眞

もう何年連続でしょうか、懲りずに4年目の選出です。
昨季満を辞して個人賞3冠の大ブレイク。
弊サイトでも、高効率プレイヤーランキング得点期待値ランキングの常連。
何気に得点期待値はニックファジーカスを上回ります。
ディフェンスから流れを呼び込むタフガイで、チームの流れが悪い時に投入される起爆剤とも言えます。

ジョーダンヒース
3pt 46%(!) 2pt 71%(!!) eFG 71%(!!!) 得点期待値1.32 (!!!!)
と言うモンスタースタッツを記録。何かの間違いかと思うほどの攻撃力を誇ります。
そのリムランナーとしての能力は圧倒的で、速攻やPnR,ダンカースポットからバックドアなどおおよそペイントでの必要な能力は網羅しています。守備においてもウィングスパンを利用したスパイクブロックでブロック王を獲得。
プレイスタイル的にライアンスパングラー選手が思い出させます。

パブロ・アギラール

ユーロバスケット金メダリストのスペイン元代表選手。
川崎加入前の18−20シーズンでは、イタリアリーグで、3pt34% 3pt52%と言うスタッツを残しています。プレイスタイルは模範的なストレッチ4でPnRよりもPnPを好みます。
とは言え、リムランやバックドアでの合わせ、ポストアップも一流なのでファジーカス選手の相方としてうってつけでしょう。


続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です