先日、Bリーガーの効率性(PER)ランキングを発表しましたが、
今回は選手が持つ純粋な攻撃力をTOP100形式でランキングにしてみました

【数字で見るBリーグ】発表!Bリーガーランキング’20

【数字で見るBリーグ】発表!Bリーガーランキング’20(B2編)

 

【得点期待値とは?】

チームの攻撃が、その選手で終わった場合何点獲得できるか?を数値化したものを得点期待値としています。詳しい方には、PPP(PointsPerPosession)と同じと言った方が伝わりやすいかもしれません。
例えば、
試合の中でシュートファールを貰いフリースローを2本決めたが、ターンオーバーを1回してしまった選手がいるとします。
その選手で攻撃が終わった回数は2回となります。
フリースローで2点獲得しているので、その選手の得点期待値は 2点÷2回 で1点 となります。
ちなみに期待値が1を上回るということは,ターンオーバーも加味すると2ptを52% 3ptを34%FTも70%以上決められる選手ということに「理論上は」なります。

ノミネートの条件として、5試合以上出場 かつ 平均5分以上 出場した選手を対象として全選手のシーズン個人スタッツを元に計測しランキング化しました。


まずは、100位から50位までを発表します。

【ランキング100位~50位】

  G eFG% 得点期待値
畠山 俊樹 29 50.79% 0.909
安藤 誓哉 41 47.99% 0.909
上江田 勇樹 38 51.02% 0.913
長谷川 智也 30 52.27% 0.914
ミッケル・グラッドネス 14 51.75% 0.915
ショーン・オマラ 15 50.57% 0.920
安藤 周人 39 51.38% 0.922
ジェームズ・サザランド 24 49.25% 0.923
葛原 大智 40 49.69% 0.927
エグゼビア・ギブソン 9 49.47% 0.929
福田 真生 32 48.65% 0.930
牧 全 36 53.28% 0.930
細谷 将司 37 51.06% 0.930
ジュリアン・マブンガ 34 53.03% 0.932
岡田 侑大 33 50.49% 0.933
ウィリアムス ニカ 39 55.91% 0.933
田原 隆徳 5 56.00% 0.933
秋山 皓太 40 45.78% 0.934
藤髙 宗一郎 19 51.47% 0.935
ハビエル・カーター 22 49.11% 0.936
木下 誠 34 54.09% 0.938
池田 雄一 35 47.75% 0.941
渡邉 裕規 40 50.50% 0.943
ロバート・カーター 35 50.55% 0.945
チャールズ・ローズ 12 51.25% 0.949
ヒルトン・アームストロング 33 60.47% 0.954
竹内 譲次 41 48.55% 0.955
寺嶋 良 17 52.63% 0.962
中野 司 32 50.24% 0.962
川村 卓也 41 52.06% 0.963
山崎 稜 37 52.80% 0.963
ジョルジー・ゴロマン 11 51.52% 0.964
リチャード・ヘンドリックス 24 54.26% 0.967
大塚 裕土 38 53.65% 0.969
桜木 ジェイアール 40 53.73% 0.980
関野 剛平 41 50.60% 0.980
比江島 慎 40 52.06% 0.982
齋藤 拓実 41 55.21% 0.982
内海 慎吾 37 52.46% 0.983
菅野 翔太 41 50.86% 0.984
ニック・パーキンズ 39 52.37% 0.984
ヴィアチェスラフ・クラフツォフ 12 58.40% 0.984
ジャメール・マクリーン 6 55.19% 0.989
多田 武史 13 50.00% 0.990
岸本 隆一 37 52.04% 0.999
田中 大貴 39 54.49% 1.002
カディーム・コールビー 34 54.09% 1.002
デイヴィッド・サイモン 37 54.32% 1.008
レオ・ライオンズ 38 51.71% 1.010
ライアン・ロシター 40 54.63% 1.010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マブンガ選手が期待値1以下であることは意外でしたが、3pt決定率と平均4.3ターンオーバーが響いているようです。

つづきます

3 Replies to “【数字で見るBリーグ】発表!攻撃力(得点期待値)ランキング’20”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です