【5位~1位】

  G eFG% 得点期待値
アレックス・カーク 38 59.86% 1.201
アイザック・バッツ 12 71.17% 1.217
マイケル・パーカー 39 66.88% 1.243
ジョーダン・ヒース 38 71.37% 1.317
森川 正明 26 72.79% 1.347

Bleagueanalyticsが今季激推しする森川選手が1位という結果になりました。
3pt61%が刺さりまくっています。

【まとめ】

如何でしょうか?
確かにこの数値はターンオーバーも効いてくる数値ですので、
試合数が少なかったり試投数が少ない選手が有利なのは覆せない事実だと思いますが、
逆に少ないチャンスを確実に得点につなげられ、プレイタイムを貰った時に楽しみな選手であるとも言えます。
田中大貴選手が得点期待値1の壁として存在することも興味深い事実でした。

時間があればB2も計測したいと思います。
おそらく広島のエチェニケ選手が1位だと思いますが笑

ここまで読み進んで頂き、
ありがとうございました。
Twitterまで、是非ご意見をおきかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です