先日、Bリーガーの効率性(PER)ランキングを発表しましたが、
今回はB2リーグの選手が持つ純粋な攻撃力をTOP100形式でランキングにしてみました

【数字で見るBリーグ】発表!Bリーガーランキング’20(B2編)

 

【得点期待値とは?】

チームの攻撃が、その選手で終わった場合何点獲得できるか?を数値化したものを得点期待値としています。詳しい方には、PPP(PointsPerPosession)と同じと言った方が伝わりやすいかもしれません。
例えば、
試合の中でシュートファールを貰いフリースローを2本決めたが、ターンオーバーを1回してしまった選手がいるとします。
その選手で攻撃が終わった回数は2回となります。
フリースローで2点獲得しているので、その選手の得点期待値は 2点÷2回 で1点 となります。
ちなみに期待値が1を上回るということは,ターンオーバーも加味すると2ptを52% 3ptを34%FTも70%以上決められる選手ということに「理論上は」なります。

ノミネートの条件として、5試合以上出場 かつ 平均5分以上 出場した選手を対象として全選手のシーズン個人スタッツを元に計測しランキング化しました。


まずは、100位から50位までを発表します。

【ランキング100位~50位】

  G eFG% 得点期待値
村上 駿斗 47 46.34% 0.906
高比良 寛治 47 48.57% 0.907
井上 裕介 44 48.88% 0.908
加納 誠也 47 50.81% 0.909
宮本 滉希 30 52.22% 0.909
アブドゥーラ・クウソー 39 50.40% 0.910
杉本 慶 47 55.28% 0.915
小倉 渓 25 48.59% 0.920
落合 知也 36 50.19% 0.921
平尾 充庸 43 49.11% 0.921
佐藤 文哉 47 48.48% 0.921
眞庭 城聖 47 52.45% 0.924
喜久山 貴一 47 50.00% 0.925
ステフォン・ブレア 25 56.05% 0.927
谷口 大智 45 51.46% 0.928
ダニエル・オチェフ 35 52.74% 0.928
ケビン・ピンキニー 29 52.82% 0.929
河野 誠司 47 53.45% 0.929
鶴巻 啓太 39 50.88% 0.930
大崎 裕太 41 52.09% 0.931
チュクゥディエベレ・マドゥアバム 13 54.63% 0.933
小林 大祐 33 49.85% 0.934
​劉 瑾 8 50.00% 0.935
小林 慎太郎 38 53.82% 0.935
薦田 拓也 33 52.82% 0.939
本多 純平 45 51.84% 0.943
新川 敬大 45 50.27% 0.944
丹野 合気 29 51.18% 0.944
クリストファー・オリビエ 8 55.77% 0.949
高畠 佳介 41 45.28% 0.950
アンドリュー・ネイミック 21 52.92% 0.951
ソウ シェリフ 39 54.61% 0.951
俊野 佳彦 26 48.28% 0.951
グレッグ・マンガーノ 39 48.96% 0.954
筑波 拓朗 45 52.54% 0.954
ショーン・マーシャル 21 50.00% 0.956
西山 達哉 45 54.76% 0.957
横尾 達泰 8 51.61% 0.958
マーカス・ダブ 17 58.43% 0.959
木田 貴明 45 49.26% 0.960
片岡 大晴 47 52.03% 0.964
松本 健児リオン 46 51.16% 0.966
田中 成也 44 55.97% 0.967
ナンナ・エグー 45 53.87% 0.967
種市 幸祐 38 51.60% 0.972
楯 昌宗 47 51.49% 0.974
ジェイソン・カーター 7 50.63% 0.974
井手 勇次 47 52.02% 0.976
岩田 涼太 42 53.91% 0.986

 

つづきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です