Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、陣容が様変わりした新潟アルビレックスBB

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

※チャールズミッチェル選手のスタッツは台湾リーグから取得しました

  3P% 2P% FT% eFG% TS%

得点

期待値

佐藤公威 30.5 47.3 90.9 46.47% 48.18% 0.83
チャールズ・ミッチェル 33.3 47.5 55.5 47.98% 49.15% 0.87
星野曹樹 33.3 25 33.3 40.00% 39.56% 0.73
大矢孝太朗            
リチャード・ヘンドリックス 28.1 55.7 65.7 54.26% 56.13% 0.97
五十嵐圭 28.8 56.4 82.9 47.55% 52.47% 0.86
柏倉哲平 30.4 30.5 68.4 39.13% 41.34% 0.69
石井峻平 16.7 36.8 50 30.23% 30.77% 0.52
納見悠仁 20 30.8   30.36% 30.36% 0.53
ロスコ・アレン 37.1 53.9 75.2 54.40% 59.80% 1.07
池田雄一 32.1 45.5 75 47.75% 50.50% 0.94
林翔太郎 10 60 33.3 37.50% 37.52% 0.56
平均 27.3 44.49 63.02 43.24% 45.07% 0.78

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決定率は元より、得点期待値に不安があります。
(1点を超える選手がロスコアレン選手のみ)

 

【超個人的注目選手】

五十嵐圭

40歳と言う年齢ながら平均30分近く出場する鉄人。
新潟ロスターのなかで最も高い2ptFG56%を誇り、森井・柏木の両ガード移籍を埋める
ベテラン選手。

ロスコ・アレン

中でも外でもなんでもござれなストレッチビッグ。
今季新潟唯一の得点期待値1を超える選手です。
特に3ptの引き出しは多く、ステップバック3まで決めてくる非常に守りにくい選手です。
15PnRに対してヘルプDFに巧さがあります。

チャールズ・ミッチェル

昨季は台湾リーグで活躍した、122kgの体格をもつビッグマン。
体は大きいですがクイックネスも持ち合わせており、切れ味鋭いターンアラウンドからのショートフックが得意な選手です。3ptも100本以上打っており、効率が上がる33%ラインの決定率で決めてきます。

【新加入チームスタッフ

・福田 将吾 ヘッドコーチ

昨季途中から横浜の指揮を任された若手のヘッドコーチ。
HC交替後はディフェンスとリバウンド、タイムシェアを駆使し立て直しに成功。
特に印象深いのは特別指定の赤穂選手をアイラ・ブラウン選手のマークに起用し勝利した大阪戦でしょう。

・目黒 純平  トレーナー

元々アルビレックスのサポート機関である新潟リハビリテーション病院からの専属スタッフ契約を結びました

 

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です