Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!

今回は、プレシーズンゲームで話題の秋田ノーザンハピネッツです。

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

※アレックスデイビス選手のスタッツはギリシャリーグから取得しています。

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値 USG%
大浦颯太 0 60 75 33.33% 41.82% 0.54 0.52%
細谷将司 34.7 49.6 80.6 51.06% 53.20% 0.93 10.69%
野本建吾 14.3 41.5 65.2 40.51% 44.84% 0.74 5.93%
アレックス・デイビス 50 67 60 69.70% 69.55% 1.18  
伊藤駿 18.5 34.9 73.9 33.18% 37.46% 0.59 4.77%
中山拓哉 29.4 50.7 59.6 49.46% 51.48% 0.88 7.54%
長谷川暢 22.9 51.6 77.4 42.42% 50.23% 0.87 2.86%
多田武史 39 29.4 50 50.00% 50.30% 0.99 1.92%
保岡龍斗 28.6 50.8 73.6 46.33% 49.02% 0.87 11.42%
ハビエル・カーター 33.3 48.5 72.9 49.11% 52.61% 0.94 8.76%
カディーム・コールビー 54.1 65 54.09% 57.06% 1.00 10.73%
古川孝敏 30.1 34.1 86.8 38.63% 43.29% 0.81 10.05%
平均 27.35 47.68 70 46.48% 50.07% 0.86  
合計             75.18%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3pt決定率がどうしても気になります。0%の大浦選手を除いても平均30%と2ptショットよりも効率は低くなっています。

【超個人的注目選手】

保岡龍斗

昨季は20分のプレイタイムを得た生え抜きの若手選手。
キャッチアップのロング3に目が行きがちですが、
一人でオフェンスを完結できる能力こそが保岡選手の素晴らしいところでしょう。
スクリーンを使ったプルアップ3は言うに及ばず、ステップバック3、3ptをデコイにペイントアタックを仕掛けられる万能さ。
意外にも、昨季はジャスティンキーナン選手の15%に次ぐ11%のUSG%を誇っており
チームからの厚い信頼が伺えます。

 


中山拓哉

秋田のフランチャイズプレイヤーにして秋田の心臓。
19−20季スティール王(BleagueAnalytics調べ)
1番〜4番まで守れるDF能力とフィジカル、ハッスルプレイ。
そのフィジカルを存分に使ったフィニッシュ。
プレイメイクにも優れ平均3.6ASTを記録しています。

 


アレックス・デイビス

Gリーグからキャリアをスタートさせ、ギリシャから秋田にやってきたジャーニーマンで
秋田待望のストレッチ4。
昨季は何と3pt50% 2pt67% eFG69%と言うモンスタースタッツを記録。
ギリシャリーグ在籍時にはSFの様にコーナー3を的確に捉え、ピック&ロールからその長いウィングスパンでアリウープを量産。
ウィングスパンを利用してリムプロテクターとしても活躍していました。
DFの秋田でもその能力を発揮してくれることでしょう。

【新加入チームスタッフ

・山陰 智司 アスレティックトレーナー

ウィーバー州立大学大学院卒と言うことでBリーグでは
通訳兼アスレチックトレーナーとして2チームに在籍。今季は専業として3チーム目となります。秋田のハードでフィジカルな戦略は消耗も激しく、アスレティックトレーナーの手腕を如何なく発揮できるののではないでしょうか

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です