Bリーグ4シーズン目の開幕を間近に控え、世界一早いチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、昨年度CSベスト4 琉球ゴールデンキングス

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 18-19シーズンeFG%】

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率

0 石崎巧  50.5%
2 福田真生  64.1% (新加入)
3 並里成  46.6 %
4 デモン・ブルックス(新加入)
9 長谷川智伸 38.2%(新加入)
14 岸本隆一 48.7%
21 寒竹隼人  62.5%
24 田代直希  46.0%
32 満原優樹  37.0 %(新加入)
34 小野寺祥太  42.9%(新加入)
40 ジョシュ・スコット 63.0%
45 ジャック・クーリー (新加入)

【超個人的注目選手】

福田真生

B2熊本からの新加入選手。
30分出場でeFG64%は破格の確率。ドライブからのペイントの決定率は66%。
3ptは驚異の44%。さらにはスタッツ、主に決定率を昨季大きく伸ばした選手で、正に全盛期を迎えています。
B1においても活躍を見込める選手でしょう。


ジョシュスコット

言わずと知れた、琉球ペイントの覇者。トランジションからのイージーショットが多くないにも関わらずeFGは驚異の63% FT獲得率もチームトップです。

 

セットオフェンス紹介】

インサイド主体のものと、今季特徴の外を狙ったセットをご紹介しますします

 

【超個人的総評】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です