Bリーグ4シーズン目の開幕を間近に控え、世界一早いチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、昨年度CSベスト4 チーム名も変更した宇都宮ブレックス

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 18-19シーズンeFG%】

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率

0 田臥勇太  50.0%
4 ジェフ・ギブス  51.1 %
6 比江島慎    57.0 %
9 遠藤祐亮    54.2%
10 竹内公輔  60.7%
11 田原隆徳  43.0%
13 渡邉裕規  46.7 %
18 鵤誠司  44.9%
21 橋本晃佑 46.3%
22 ライアン・ロシター  55.4%
24 栗原貴宏  44.7 %
30 山崎稜    44.5%
31 喜多川修平  37.1%
42 シャブリック・ランドルフ(新加入)

【超個人的注目選手】

遠藤祐亮

ブレックス生え抜きのPG・SG選手。
ブレックスにおいて昨季大幅に増加した3ptアテンプト/決定率の立役者。
キックアウトから45%の決定率を誇るコーナー3(昨季から10%上昇)は宇都宮の大きな武器に成長しました。
初年度DPOY受賞したディフェンス能力には定評があり、スクリーンに対するファイトオーバーやボールプレッシャーでオフェンスの流れを断ち切ります。

竹内公輔

言わずと知れた日本の大黒柱。
昨季は2ptFG61%と大躍進。24秒の内幾度となくかける献身的なスクリーン(アシスト)は数字にこそ残らないものの、オフェンスの潤滑油として大きな役割を果たします。

セットオフェンス紹介】

ブレックスファンの皆様にとっては、いつものおかわり感があるかと思います。
献身的なスクリーンとボールムーブメントは今季も健在です

つづきます

【超個人的総評】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です