Bリーグ4シーズン目の開幕を間近に控え、世界一早いチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、昨年度CSベスト8 リーグ総合5位川崎ブレイブサンダースです

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 18-19シーズンeFG%・PER】

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※PER・・・出場1分あたりのプレイ効率性評価指標。20以上でオールスター

0 藤井祐眞  51.3 % 15.24
3 林翔太郎  52.3% 6.33
4 青木保憲 40.7% 1.08
7 篠山竜青  56.0% 14.47
14 辻直人  47.1% 13.23
18 鎌田裕也  32.4% 0.5
21 マティアス・カルファニ(新加入)
22 ニック・ファジーカス  54.6% 28.87
24 大塚裕土  53.7% 10.60(新加入) 
27 熊谷尚也  44.3% 6.76 (新加入)
33 長谷川技  50.9% 9.30
35 ジョーダン・ヒース (新加入)

【超個人的注目選手】

藤井祐眞

本ブログでの常連で篠山選手をしのぐ高効率プレイヤー。スターターでの出場が飛躍的に増加し監督の信頼を
獲得できた昨シーズン。ペイント内の決定率が6割を超え課題であったフィニッシュにも磨きがかかっています。持ち味のDFからのSTLも出場時間換算でBリーグ開幕以来最高値です。アーリーカップでは、横浜・渋谷相手に平均16pt7ast と堂々たる活躍でした。

篠山竜青

日本のキャプテン篠山選手は、アシストや3ptアベレージ、ペイントでのフィニッシュ力が向上しています。
ワールドカップで見えた課題であるプルアップ3ptも今季磨いていくことでしょう

セットオフェンス紹介】

川崎と言えば、5人が連動するパズルのようなセットオフェンスが特徴です。

続きます

【超個人的総評】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です