18-19シーズンも前半戦が終了しました。

各チーム、前半戦をどの様に戦ったのか?
毎年恒例のスタッツ分析を行って見たいと思います。

今回は西地区から琉球ゴールデンキングスをPickUpしてご紹介します。

【チームスタッツ】

※スタッツは執筆時点のものとなります
※Opp = 相手チーム 
スタッツ数値リーグ順位
3FG%38.05%3位
FT%78.17%1位
2FG%50.05%8位
PitP%48.10%15位
OppPitP%53.79%10位
SCP%13.98%12位
OppSCP%19.18%1位
FBP%11.13%16位
OppFBP%11.90%12位
2pt割合60.07%14位
Opp2pt割合59.42%14位
3pt割合31.19%5位
Opp3pt割合30.27%5位
FT獲得率22.44%14位
OppFT獲得率26.11%7位
eFG%52.59%4位
OppeFG%46.18%18位
OppPts64.6318位
OR%31.15%4位
OppOR%25.38%16位
DR%72.81%5位
OppDR%71.37%9位
OFFRTG111.084位
DFFRTG97.916位
NETRtg13.183位
TORtg14.5511位
TS%55.78%5位
OppTS%49.28%16位
PACE69.3817位
AST%70.14%4位
OppAST%65.53%12位
HOMEeFG%50.47%10位
HOMETS%53.05%12位
AWAYeFG54.39%2位
AWAYTS%58.08%2位
TOV%14.55%11位
OppTOV%15.33%13位
POSESSION70.0917位
攻撃成功回数80.2216位


【個人スタッツ】

 PIEPER
ジョシュ・スコット27.80%25.7618 
ジェフ・エアーズ22.80%21.5909 
古川 孝敏9.40%10.6564 
並里 成17.90%18.9236 
岸本 隆一7.70%11.9889 
田代 直希5.00%9.9004 
アイラ・ブラウン7.10%13.1150 
橋本 竜馬3.90%9.5687 
須田 侑太郎3.90%11.3112 
寒竹 隼人0.80%17.4107 
石崎 巧0.60%5.0839 
金城 茂之0.20%1.8252 

【数字で見る注目選手】

ジョシュスコット  選手

20分の出場でPIEは27%
出場1分辺りの効率性PERは堂々の25オーバー。(出場試合数や15調整は行なっていません)
2pt6割超とペイントアタックさせると右に出る者は無いスタッツです。

並里選手とのコンビは正にメイルマン。

数字には現れていませんがスクリーンアシストも多く献身性の高さも大きな魅力です。

今季絶望という悲しい報せを受け非常に残念ですが、間違いなくチームの大黒柱でした。

【琉球ゴールデンキングススタッツ分析】

アドバンスドスタッツから読み解ける特徴を幾つかご紹介
■敢えて言うならDFチーム!セカンドチャンスも許さない!

対戦したチームのeFG(実質シュート決定率)はリーグ最少の46%。最もシュートを落とさせているチームです。DR獲得率もリーグ4位、攻撃回数自体も与えません。

対戦チームのSCP割合がリーグ最多なのでリバウンドが弱いのでは?と思われがちですが、裏を返せばそれだけ一投目のシュートを落とさせているという事でこの数値は必然と言えるでしょう。


■3ガードで平面勝負??蓋を開ければセットで崩す!

今季の琉球の鋭い補強を知り、思い描いたのはスモールラインナップでのトランジションバスケットでした。

アーリーカップ時点ではその気配をさせていたものの、開幕してみるとスローペースなハーフコートバスケットを中心に展開しています。
Pace値は東京の次に少なくリーグ17番目、付随してposessionも同順、総得点に対するFbp(速攻による得点)割合は11%と1ゲーム約3-4回水準です。

 

【琉球ゴールデンキングス戦術分析】

■琉球と言えばHorns!並里選手の真骨頂!

琉球はHornsのイメージが強く有りますが、特に今季は顕著です。大袈裟ではなく毎分レベルで見られます。

並里選手の突破力とパスセンスを存分に生かし、いい意味でやりたい放題してもらう為には最高の形でしょう。

しかも川崎や栃木、大阪が使う物に比べると非常にシンプルです

 

 

■多種多用なセットで外を射抜く!

3ptの割合が増大している琉球、キックアウト→キャッチアップ3をファーストオプションにしつつ、理にかなった美しいセットを展開します。

一部ですがご紹介↓↓

セットの巧みさもさる事ながら、意外にも大部分を個々の選手判断に任されている所も強さの一つです。

 

【まとめ】

攻守に渡り高い水準でまとまっており…という所ですが今正に  緊急事態 が発生しています。

PT30min前後でタイムマネジメントしていたHCと選手にとっては悔しい結果としか言いようがありませんが、不運な故障離脱によって戦略やセットを練り直す必要に迫られています。後半戦、どのようなディフェンスを敷くのか。琉球ゴールデンキングスの大きな見所です

 

補足:横浜戦をみる限りでは、high pick→spainやfloppyを主軸?↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です