Bリーグ3年目、18−19シーズンも終わりを告げ今年もチャンピオンシップ(以下CS)出場チームが出揃いました。
今回は過去2年間において、チャンピオンシップと相関が強かったあるスタッツに注目してベスト4及び優勝チームを予想したいと思います。

今回注目するスタッツは

NetRtg (100ポゼッション当たりの得失点差)です。

詳しく説明しますと
100回攻撃した時に何点取れるか?を数値化したスタッツ → オフェンシブレーティング(ORtg)と

100回攻撃された時に何失点するか?を数値化したスタッツ → ディフェンシブレーティング(DRtg)
この二つの差分を取ったものが真の得失点差(NetRtg)
と呼ばれています。

これまでのCS出場とベスト4チームがこのスタッツの順位と非常に強い相関があったためこの指標から優勝予想を行います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です