2017年5月30日、Bリーグ初のアワードセレモニーが行われ、各賞とMVPが発表され、川崎ブレイブサンダースのニックファジーカス選手が見事初代MVPに輝きました。

今回は、(NBAでは割とメジャーな)PERというスタッツを用いて隠れたMVP選手、高効率選手を見つけてみたいと思います。

今回注目するPERというスタッツは、正式名称PlayerEfficiencyRatingの略称で公式発表された個人スタッツを元に、統計データと合わせて計算しその選手の効率性を導き出すための指標です。

ESPNの元記者であるJohn Hollinger氏が提唱。後にメンフィスグリズリーズのバイスプレジデントに抜擢され、このPERを用いてグリズリーズを再建。プレーオフ常連チームに押し上げました。

さて、このPERの特徴ですがなんと言っても出場1分あたりのプレイの効率性を数値化できる点にあります。

つまり、スターターでバリバリ30分出場するエース選手と、2ndユニットで15分出場する若手の選手を同じ土俵で比べる事ができます。

もう1つは計算上の特徴で、公式発表されている効率性指標のEFF値は得点アシストリバウンドを全て1ポイント換算するのに対してPERでは、アシストは0.7点換算などスタッツによって係数が変化していきます。

計算方法は、基本的にはEFFと同様にポジティブスタッツ(得点アシストリバウンド)からネガティヴスタッツを減算し、そこに各スタッツ係数とリーグ平均値 をかけ合わせます。

詳しい計算式は以下になりますが、非常に難解なため気を強く持ってスクロールしてください

uPER = (1 / MP) *
[ 3P
+ (2/3) * AST
+ (2 – factor * (team_AST / team_FG)) * FG
+ (FT *0.5 * (1 + (1 – (team_AST / team_FG)) + (2/3) * (team_AST / team_FG)))
– VOP * TOV
– VOP * DRB% * (FGA – FG)
– VOP * 0.44 * (0.44 + (0.56 * DRB%)) * (FTA – FT)
+ VOP * (1 – DRB%) * (TRB – ORB)
+ VOP * DRB% * ORB
+ VOP * STL
+ VOP * DRB% * BLK
– PF * ((lg_FT / lg_PF) – 0.44 * (lg_FTA / lg_PF) * VOP) ]

さらに、

 factor = (2 / 3) – (0.5 * (lg_AST / lg_FG)) / (2 * (lg_FG / lg_FT))
VOP = lg_PTS / (lg_FGA – lg_ORB + lg_TOV + 0.44 * lg_FTA)
DRB% = (lg_TRB – lg_ORB) / lg_TRB

となります!

そして、この式をBリーグの全選手に対して計算し、ランキング化(30試合以上出場選手のみ)したものが….

こちら!

 factor     VOP    DRB%

0.617    1.033402364    71.51%

RANK    PLAYER    PER

  1. ニック ファジーカス     42.339
  2. ダバンテ・ガードナー     39.656
  3. レイショーン・テリー                 35.480
  4. ジェフ ギブス                                     34.000
  5. ジョシュ・チルドレス                 33.138
  6. ケビン・コッツァー                      33.052
  7. ライアン ロシター                          31.083
  8. クリント・チャップマン            30.922
  9. ライアン スパングラー                30.714
  10. マーカス・ダブ                                 30.428
  11. ドリュー ヴァイニー                      30.350
  12. ジャスティン・バーレル             29.380
  13. マイケル・パーカー                       28.752
  14. ギャビン エドワーズ                      28.741
  15. デクスター・ピットマン            28.211
  16. ディアンテ ギャレット                28.148
  17. ジョシュ ハレルソン                     27.824
  18. ロバート・ドジャー                      27.812
  19. ジェロウム・ティルマン           27.224
  20. タイラー・ストーン                     27.040
  21. ウェンデル・ホワイト                27.019
  22. 桜木 ジェイアール                          26.878
  23. ジェイソン ウォッシュバーン 26.509
  24. ヒルトン・アームストロング  26.484
  25. エグゼビア ギブソン                     26.231
  26. アイザック バッツ                          26.204
  27. ディショーン・スティーブンス 26.202
  28. サム ウィラード                              25.837
  29. アイラ ブラウン                              25.608
  30. オルー・アシャオル                    25.553
  31. ジュリアン マブンガ                   24.940
  32. ダニエル ミラー                             24.752
  33. ラモント・ハミルトン              23.786
  34. クレイグ・ブラッキンズ         23.618
  35. アンソニー マクヘンリー        23.079
  36. ジャマール・ソープ                   22.858
  37. リチャード・ロビー                   22.493
  38. スティーブン・バン・トリース 22.281
  39. ロバート・サクレ                        22.209
  40. ジェフリー パーマー                  22.046
  41. ジュフ 磨々道                                 21.969
  42. アールティー グイン                  21.843
  43. チリジ・ネパウエ                        20.856
  44. スコット・モリソン                   20.788
  45. 竹内 譲次                                            20.312
  46. ファイ サンバ                                 20.217
  47. 比江島 慎                                           20.203
  48. 田中 大貴                                           20.107
  49. 金丸 晃輔                                           20.084
  50. 田臥 勇太                                           19.230
圧倒的ニックファジーカス!!

隠れてないです!企画を根本から覆すファジーカス選手のポテンシャルに驚きつつも、趣旨に則り効率性が高い選手をチョイスすると以下の様になります。

ダバンテ・ガードナー選手(新潟アルビレックスBB)
レイショーン・テリー選手(琉球ゴールデンキングス)
ケビン・コッツァー選手(京都ハンナリーズ)

気を取り直して今回の企画、隠れたMVPは…

ダバンテ・ガードナー選手(新潟アルビレックスBB)!!!

という結果になりました。

番外編として出場30試合未満ながら効率性が高いプレーヤーをご紹介します。

トロイ ギレンウォーター選手(出場26試合 PER値37.518)
レオ・ライオンズ選手(出場19試合 PER値35.535)

最後に、日本人選手のPERランキング上位20名をご紹介したいと思います

RANK    PLAYER    PER

  1. 竹内 譲次      20.312
  2. 比江島 慎      20.203
  3. 田中 大貴      20.107
  4. 金丸 晃輔      20.084
  5. 田臥 勇太      19.230
  6. ザック バランスキー 17.782
  7. 川村 卓也      17.435
  8. 藤井 祐眞      16.997
  9. 石井 講祐      16.963
  10. 竹内 公輔      16.917
  11. ベンドラメ 礼生   16.915
  12. 富樫 勇樹      16.740
  13. 喜多川 修平     16.536
  14. 古川 孝敏      16.447
  15. 篠山 竜青      16.266
  16. 宇都 直輝      16.129
  17. 根来 新之助     16.098
  18. 辻 直人       15.367
  19. 並里 成       14.816
  20. 太田 敦也      14.790

面白かったのは藤井選手の数値で、川崎ブレイブサンダースの中で最も効率性が高いプレイヤーである。というとても興味深い結果になりました。

このPERという数字は、オールスターやチャンピオンシップで大きく注目されてはいないながらも、しっかり仕事をこなす高効率プレーヤーを探し出す事にあります。

現在ストーブリーグ中のBリーグ、選手の移籍など動きが活発になっていることもあり

是非新しい視点で移籍する選手、加入する選手を観てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です