Bリーグ4シーズン目の開幕を間近に控え、世界一早いチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、昨年度CSベスト8 名古屋ダイヤモンドドルフィンズです

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 18-19シーズンeFG%・PER

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※PER・・・出場1分あたりのプレイ効率性評価指標。20以上でオールスター

0 小林遥太  49%  12.7210
3 満田丈太郎  54.2%  10.8866
4 イシュマエル・レーン(新加入) 
5 ヒルトン・アームストロング 62.6%    24.9708
6 菊池真人    45.8%  9.3548
8 張本天傑    49.8%  10.77
9 安藤周人    57.8%  12.76 
12 中東泰斗  52.7%  12.45 
13 笠井康平   44.7%  9.36 
18 中務敏宏    47.9%  11.14 
21 笹山貴哉    46.3%  12.98
24 ジャスティン・バーレル    56.0% 21.27

31 木下誠    

【超個人的注目選手】

安藤周人

今夏A代表入りし、堂々のW杯デビューを果たしました。
名古屋3pt戦略の肝心要。3pt主体のプレースタイルにもかかわらず
efG57%と驚異的な数値を叩きだしています。何気に1ゲーム3ast とコーナーで引き付けてextraを出すことにも長けています。

セットオフェンス紹介】

トランジションからの3ptやドライブに関するpistolセットをご紹介

続きます

【超個人的総評】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です