もしも贔屓にしているチームのシーズン勝率を予測できてしまうとしたら、どう思われるでしょうか?
見たい人と、つまらないから見たくないと思う人の賛否両論だと思います。
今回は、野球ではメジャーなある数式を使って、
禁断の勝率予測を行っていきたいと思います。

【ピタゴラス勝率】

ピタゴラス勝率とは、ベースボールライターのジョージ・ウィリアム・ジェームズ(通称ビルジェームズ)氏によって考案された、得失点からチームの勝率を予測する俗にセイバーメトリクス と呼ばれる計算式です。詳しくはwikipwdiaをご参考ください

この数式をバスケットボールにも応用が可能とのことで調べてみたところ、指数を13.91とする内容をみつけました。

流石に情報が古いことと、NBAとBリーグでは得点数、失点数、試合数も全く違う事から指数を約75%換算し計算してみました。

この計算結果を用いて
①計算式の信ぴょう性
②シーズン中においてどの段階で予測が可能か

を検証してみたいと思います。

【16-17シーズン】

  最終勝率 ピタゴラス勝率 差分(絶対値)
琉球 70.0% 45.80% 24.20%
栃木 56.7% 80.52% 23.82%
秋田 20.0% 36.32% 16.32%
富山 40.0% 27.28% 12.72%
京都 56.7% 46.74% 9.96%
三遠 41.7% 51.64% 9.94%
渋谷 46.7% 55.22% 8.52%
川崎 68.3% 75.98% 7.68%
北海道 43.3% 35.99% 7.31%
三河 80.0% 72.72% 7.28%
新潟 46.7% 39.65% 7.05%
大阪 40.0% 44.08% 4.08%
仙台 18.3% 14.29% 4.01%
滋賀 40.0% 36.83% 3.17%
千葉 76.7% 75.36% 1.34%
横浜 30.0% 30.77% 0.77%
名古屋 51.7% 52.27% 0.57%
東京 73.3% 73.34% 0.04%
平均     8.27%

平均+/-8%はかなり大きな誤差となりますので、このシーズンはピタゴラス勝率と相関していません

 

つづきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です