Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!

今回は圧倒的な強さでB2西地区を制した広島ドラゴンフライズです。

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

※榎本新作選手のスタッツはNCAAD2から取得しています。

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値
荒尾岳   30 0 30 27 0.33
ジャマリ・トレイラー 32 59 72 58 61 1.06
トーマス・ケネディ 35 57 80 55 58 1.08
朝山正悟 41 44 79 52 57 1.01
岡本飛竜 32 47 69 48 50 0.8
榎本新作 31 45 66 46 51 0.8
グレゴリー・エチェニケ 0 71 73 71 73 1.31
田渡凌 27 37 71 37 39 0.66
田中成也 42 42 69 55 57 0.96
古野拓巳 40 48 76 56 58 0.8
谷口大智 39 46 72 51 53 0.9
森山修斗 38 33 50 43 43 0.7
平均 32 43 65 50 52 0.89

日本人選手の殆どが3FG33%を上回る恐ろしい布陣で、4名が得点期待1以上という攻撃効率が高いロスターと言えるでしょう

【超個人的注目選手】

田中成也

広島生え抜き7年目のシューティングガード。
チーム最高の42%を誇る3FG%はもちろん、個人的に注目しているのはDF能力です。チェイス・ヘルプ・スタント・リカバーと豊富な運動量で多少のギャップはカバーしてしまいます。体が強いのでビッグマンへのスクリナーになる事も多い移植のSGと言えるでしょう

榎本新作(アイザイア・マーフィー)

NCAAディビジョン2のイースタンニューメキシコ大学 にてスターターとして活躍した,
日本国籍を持つバックコート選手。
体の線は細いものの、手足が長くフィニッシュが強いためビッグマンがスイッチた場合には高確率でFTを獲得できるでしょう。
広島のスペーシングバスケットにマッチした選手と言えます。

 


グレゴリー・エチェニケ

説明不要の超高効率プレイヤー(PERランキング参照)にして、
Bリーグ全体を通して最高の得点期待値を持ちます(攻撃力ランキング参照)
スピード、身体能力、頑強さは追随を許さず、3ptはないものの、それ自体が広島のスペーシングバスケットを実現している重要な要素と言えるでしょう。

 

続きます

2 Replies to “【数字で見るBリーグ】20-21開幕直前!広島ドラゴンフライズを分析してみた”

  1. 広島ドラゴンフライズ を取り上げて頂いてありがとうございます。
    ドラゴンフライズ 以外のゲームはほぼ観戦しないので的外れな意見なもしれません。ドラゴンフライズ はスタッツに現れるほど強いチームでは無いです。
    ゲーム中に何度も不安定な場面が見られます。ただそこが魅力なんです。

    #2朝山正悟選手、#1トーマス・ケネディー選手、#30古野拓巳選手の図太さは凄くて、#3岡本飛竜選手を含め精神的支柱が多数おり、劣勢な展開でこそ燃える選手が多いです。幾度となく逆転劇を目の当たりにしています。
    そして、あまり注目されることはないですが#0ジャマリ・トレイラー選手。粗も目立ちますが調子に乗ったら凄いですよ。信じられないような大逆転劇をする時には必ずジャマリ選手が活躍してます。注目してください!

    1. コメントありがとうございます。
      以外に接戦、大逆転が多いところも広島の魅力ですよね!
      ベテランが恐ろしくハードワークする印象です。
      ジャマリトレイラー選手は、平然と20得点10リバウンドをアベレージしている化物選手だと思います。
      彼が10点とかムラっ気が出てしまうと苦戦もしくは敗戦する印象ではありますねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です