Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!

今回は、ワクワクが止まらない富山グラウジーズです。

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値
橋本晃佑 32.1 37.8 60 44.3% 44.7% 0.9
ジョシュア・スミス 80.9 71.4 80.9% 80.9% 1.4
城宝匡史 32.2 43 80.4 46.1% 49.7% 0.9
松脇圭志 0   0.0% 0.0% 0.0
岡田侑大 35.4 49.3 79.5 50.5% 53.6%  
ジュリアン・マブンガ 29.8 58.5 71.9 52.9% 58.8% 0.9
山口祐希 22.2 71.4 100 50.0% 53.3% 0.8
阿部友和 28.7 37.5 91.7 40.8% 43.2% 0.7
水戸健史 37.3 50.4 78.8 52.2% 55.0% 1.0
宇都直輝 0 44.8 76.8 43.7% 51.7% 0.9
前田悟 39.9 50.9 70.7 55.9% 58.3% 1.0
平均 28.6 47.7 78.12 47.0% 49.9% 0.8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【超個人的注目選手】

前田悟
最高のルーキーイヤーを過ごしたサトル・マエタ。
チームトップの得点期待値と得点効率を誇ります。
キャッチアップシューターかと思いきや、ピックからアプルアップ3、ミスマッチと見るやポストアップから得点も可能な万能選手です。
マッチアップが外国籍選手であっても、強いバックスピンがかかったショットを決められる強心臓が1番の武器でしょう。今季は陣容的にそのショット精度がより求められます

 

ジュリアン・マブンガ

リーグ随一のユーティリティプレイヤー。
説明不要のGoToGuyです。京都に移籍後は平均して8.6ASTとプレイメイク力も向上させています。
昨季は打たされた3ptが多く決定率を下げてしまったものの、34%ポテンシャルを持っていルため油断できません。
160試合を共に戦った浜口炎HCも共に富山へ移籍と言う事で、つまりはそう言う事なのでしょう。

 

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です