Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!

今回は、強力な海外組を招集した大阪エヴェッサを分析します。

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)
※新加入選手については、各国リーグからスタッツを参照しています。

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値
伊藤達哉 29.7 45.2 72.1 45.07% 48.22% 0.773
エリエット・ドンリー 50 51.7 84 65.57% 70.68% 1.197
土屋アリスター時生 0 45.5 71.4 44.87% 47.53% 0.799
角野亮伍 29 51.7 42 48.00% 48.04% 0.849
駒水大雅ジャック          
中村浩陸 28.1 48.7 57.9 45.71% 46.85% 0.750
橋本拓哉 41.1 52.5 83.5 57.08% 60.81% 1.063
合田怜 41.2 43.8 77.4 55.08% 58.25% 0.903
ディージェイ・ニュービル 42 51.7 84 60.18% 64.52% 1.290
アイラ・ブラウン 31 49.8 62.5 48.96% 51.36% 0.892
ギャレット・スタツ 30 58.4 76.9 57.32% 60.45% 1.042
ジョシュ・ハレルソン 39.3 52 64.7 54.27% 55.86% 1.018
平均 32.85455 50.09091 70.58182 53% 50% 0.844109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駒水大雅ジャック選手のスタッツが不明であったため、記載はありません。
新加入選手を含め、得点期待値1を超える選手がなんと5人も存在する攻撃的な布陣です。

【超個人的注目選手】

エリエット・ドンリー

NCAA D2 Chaminade大学において、全29試合出場バリバリのスターターを務めていた
横浜出身の日本人選手。本数こそ少ないものの、50%の3pt決定率とeFG65%,得点期待値1.2を誇り2桁得点を計算できる選手です。
長いウィングスパンとボディバランスでドライブとポストアップから得点します。
サイズのミスマッチが見込まれるBリーグではポストアップのシーンも多く見られるでしょう。
マウイインビテーショナルでは、NBAドラフト1位候補であるアンソニーエドワーズ選手と堂々と渡り合っています。

ディージェイ・ニュービル

昨季所属したオーストラリアリーグでは、ほぼ全試合スターター出場し18得点をアベレージしたバックコート選手。NBLセカンドチームにも選出されています。
4割以上の3pt%。そして得点期待値1.29はカーク選手(アルバルク)やジョーダンヒース選手(川崎)と同等の数値で、PnRの使い方が上手い印象の選手です。
個人的に今季来日した外国籍選手の中で最も注目している一人です。

角野亮伍

帰ってきた高校バスケ界のスター選手。
某バスケPodcast番組
で毎週の角野亮伍情報を聞いていた私にとって契約先が気になる選手でした。
Southern New Hampshire 大学在学中の細かい情報が気になる方は、
さっちょん(@muhi_baby)さんに聞いてみてください笑

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です