Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、惜しくも東地区王者を逃した宇都宮ブレックス

※スタッツの計算式は BasketBallReference NBA.com/StatGlossary参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

※L.J.ピーク選手のスタッツは、セリエAおよびルーマニアリーグ参照

  3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値 USG%
田臥勇太 20 60 0 52.50% 51.37% 0.90 0.71%
ジェフ・ギブス 38.3 52.5 86 53.36% 59.24% 1.06 10.43%
L.J.ピーク 40.7 51.7 76.3 55.70% 62.85% 1.07  
比江島慎 35.2 51.6 79.3 52.06% 54.73% 0.98 12.26%
テーブス海 35 59.5 100 57.02% 58.71% 1.05 1.98%
遠藤祐亮 43 52.9 75 58.94% 60.16% 1.04 7.95%
竹内公輔 22.2 56 62.8 54.67% 56.54% 1.01 5.70%
渡邉裕規 36 44.7 81 50.50% 52.88% 0.94 10.87%
鵤誠司 32.1 46.4 62.1 47.20% 48.33% 0.82 9.37%
ライアン・ロシター 38.3 54.2 60.3 54.63% 56.35% 1.01 21.53%
喜多川修平 38.8 52.1 72.7 55.56% 57.01% 1.05 5.90%
ジョシュ・スコット 0 58.3 75 56.00% 62.42% 1.14 2.02%
平均 31.63 53.325 69.21 54.01% 56.72% 1.01 計89%

【超個人的注目選手】

喜多川修平

ACL断裂と言う大怪我から見事復帰した元3pt王。
ベンチスタートが多いものの、スポットアップシューターとしての実力派健在。
交代直後でも決めきれる3ptは決定率38%。ディフェンダーとしても素晴らしくスタントからのスティールも多い。

LJピーク
ジョージタウン大学卒、24歳の若手スモールフォワード。
(Gリーグではガード登録となっています)
昨季はイタリアとルーマニアのチームに所属し、
合計24試合・平均26分ほぼスターター出場 平均11得点 得点期待値は1点を超えるスコアラーです。
プレイスタイルは身体能力とスピードを生かしたスラッシャータイプ。
特筆すべきはステップワークで、キレの良いストライドやユーロステップをペイント侵入と同時に繰り出し、優位な状態でレイアップに向かいます。ドライブに注目されがちですが3ptも4割を超える確率で決めてくる隙が無い選手です。

 

【新加入チームスタッフ

・佐々 宜央(SASSA, Norio)アシスタントコーチ

 言わずと知れた代表AC 琉球ゴールデンキングスHCがアシスタントコーチとして
古巣復帰を果たしました。ボールピックとDFを重視するスタイルは今の宇都宮と合致するはずです。

・眞田 崇  ストレングスコーチ

車いすバスケット日本代表トレーナー、島根スサノオマジックでストレングスコーチを歴任後今季から宇都宮ブレックスと契約

・丸山 昂佑 ビデオコーディネーター

白鷗大学学生コーチの傍、今季からビデオコーディネータ(アナリスト)
として契約。宇都宮だけでなく他のB1チームも若手のビデオコーディネータやアナリストを契約しデータ分析スタッフの育成も始まっています

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です