Bリーグ5シーズン目の開幕を間近に控え、世界一濃厚なチームレビューを目指して
スタッツ&アドバンスドスタッツを元に新チームを分析してみたいと思います!
今回は、Big4の一角で人気No1チーム千葉ジェッツです

※スタッツの計算式は BasketBallReference  参照

【所属選手 & 19-20シーズンスタッツ

※eFG%・・・3ptMadeを1.5倍の価値置き直して計算した、実質シュート決定率
※TS%・・・フリースローも加味した実質シュート決定率。選手が1点取る確率
※得点期待値・・・その選手でオフェンスが終了した(TOV/FT含む)際に獲得できる得点
※USG%・・・その選手で攻撃が終わった割合(数値が高い=エースの選手)

3P% 2P% FT% eFG% TS% 得点期待値 USG%
ジョシュ・ダンカン 43.2 59.5 79.5 60.77% 65.43% 1.144 12.82%
富樫勇樹 34.4 45.4 85.1 47.99% 51.31% 0.870 20.12%
コー・フリッピン 29.8 55.6 69 52.05% 55.02% 0.907 6.06%
田口成浩 40 49.2 84.4 56.72% 59.28% 1.071 7.23%
赤穂雷太 28.6 42.1 100 42.50% 48.25% 0.903 1.32%
大宮宏正 50 50 0 58.33% 54.35% 0.742 0.29%
西村文男 32 50 87.5 48.86% 50.81% 0.881 3.21%
シャノン・ショーター 31.7 52 80.6 50.71% 55.85% 0.992
佐藤卓磨 33.3 54.5 81.6 52.58% 55.98% 0.909 9.67%
藤永佳昭 29.2 45.2 55.6 44.44% 45.23% 0.703 3.67%
ギャビン・エドワーズ 43.4 60.5 63.6 61.22% 63.32% 1.093 15.29%
セバスチャン・サイズ 26.7 59.4 79 57.81% 62.51% 1.110 13.35%
ラシード・ファラーズ 0.00%
原修太 41.8 47.4 64 55.10% 56.25% 0.909 6.32%
平均 35.08 50.94 70.87 52.36% 54.85% 0.924 7.21%
合計 87%

【超個人的注目選手】


田口成浩

昨季はスターターに定着し、決定率は若干下がったものの3pt56/140の40%とリーグでも高確率なスポットアップシューター。実はロスターの中で得点期待値1を上回る唯一の日本人選手。全盛期中の今季はコーナーからのスタントやヘルプなどDFスキルの成長が必須となるでしょう。


ジョシュダンカン

個人的には現状でも過小評価されているとさえ感じる選手。
ストレッチ(アスレチック・ストロング・プレイメイク)Big。
43%の3pt決定率でスペーシングに貢献でき、
トップからペネトレイト→ユーロステップを踏んで得点可能な身体能力も持ち、
コーナーからバックダウンし続けてノーチャージエリアに侵入しダンクを決めるパワー、
さらに平均2.3ASTのコートビジョンを持ち合わせているだけでなく34歳のベテランとしてメンターの役割も担うことができます。
リーグ全体で見ても貴重な選手だと言えるでしょう。


シャノンショーター

Bリーグではフォワード登録されているが基本はガードの選手。
スピードとボールハンドリング能力、フィニッシュ力をもつ1on1スコアラーで、
20分近くの出場で18点以上を稼ぎ出し、2.1アシストを記録。
一人でオフェンスが完結するので、富樫選手がベンチアウトしている時のファーストオプションとして大活躍することでしょう。

【新加入チームスタッフ

・ゾラン・マルティチ アシスタントコーチ

ヨーロッパでヘッドコーチを歴任したスロベニア出身のヘッドコーチ。
昨季まで指揮したKKユニオン・オリンピアでは、2018年にスロベニアリーグのリーグウィナーHCに耀いています。

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です