今や認知度が上がってきた、勝利に大きく関係するといわれる4つのスタッツ(4Factors)ですが、チームごとにFactorsは変わるかもしれません。
応援しているチームの勝利条件は何なのか、真の4Factorsを探す新企画。
今回は我らがサンロッカーズ渋谷を検証します

【4Factorsとは?】

NBAで初めて統計学者として雇われた、スタッツの父ディーンオリバー氏が提唱した、勝利に相関するオフェンススタッツ指標です。
具体的には、
・eFG%(3ptに付加価値を設けた、実質シュート決定率)
・TOV%(ターンオーバーで終わってしまったオフェンスの割合)
・OR%(味方のフリースローミスを含む、オフェンスリバウンド獲得率)
・FTR(フリースローを得た割合)

の4スタッツで、先述のオリバー氏によると、
eFG%が相手より高い場合:10Pts
TOV%が相手より低い場合:5~6Pts
OR%が相手より高い場合:4~5pts
FTRが相手より高い場合:2~3pts

となり、シュートが決まらなくともTOVとORで勝利が可能という事も表した指標です。

この企画では、私が計測している約60個のスタッツから、勝利ゲームにおいてどのスタッツが上回っている頻度が高いかを数値化して各チームの勝利に関係する新たな4Factorを探してみたいと思います.

(続きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です