トランジションオフェンス全盛で、
「7seconds or less」 と叫ばれて久しい昨今、果たしてBリーグにおいて速攻(アーリーオフェンス)はどのような立ち位置にいるのか 検証してみました

※スタッツの計算式は BasketBallReference 参照

【速攻の今 と 基準

ナッシュ・アマレ時代のフェニックスサンズのマイクダントー二HCが提唱した7seconds or less と呼ばれたペース&スペースオフェンスは今やリーグのスタンダード。
年を経るごとにハイペース化し、1試合48分で100回以上攻撃することは当たり前になっています。Bリーグでは40分平均72回ですのでどれだけ攻撃回数が多いか分かると思います。

速攻(8秒以内に得点)に限りますと
18-19シーズンのNBAでは、平均110.7点 速攻による得点は16.4点 得点割合は14.9% 最多チームは18% 最少は12%ほどでした。

Bリーグはどのような数字になっているのか、
アーリーオフェンスになると速攻に含まれないためPace値も一緒に見て行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です